新着情報

NANLITEで実現するステップアップライティングオンラインセミナー

近年世界のLED市場は、スチール、動画問わず、様々なユーザーが使用し急速に規模が拡大しています。
とはいえ、まだまだプロのニーズに答える品質とラインナップを揃えるブランドは多くありません。
そんな中、豊富なラインナップと、多灯でも揃えやすい価格帯、様々な現場でも対応できる細かな機能が搭載されたことで、今話題沸騰中のNANLITE(ナンライト)をご存知でしょうか?

今回は、ビデオグラファー鈴木佑介氏にご登壇いただきNANLITE定番の大光量LEDから、新製品のPavoTubeまで様々な種類を、どう映像制作の現場で活かすか実演も交えながらご紹介いただき、
映像制作をする場合に課題となる、現場の光量を稼ぐライティングから、よりステップアップした効果的なライティングを学べるセミナーをお届けいたします。
リアルタイム配信では、質問等もお答えしながらの講義、またアーカイブも配信予定ですので、動画撮影の際のライティングで困っている、LEDを何を選ぶべきが迷っているという方のお申し込みを、お待ちしております!

11/11(木)17:30で募集締め切り!

日時


2021年11月12日(金)15:00~17:00

講師


鈴木 佑介 氏

場所


オンライン配信のみ

配信ご案内


ZOOMを使用した配信です。
お申し込みいただきました方に、11月11日(木)18時以降、配信URLをメールにてご案内いたします。(お申し込み後、お申し込みサイトから自動でQRコードチケットのご案内がございますが、今回は配信のみとなりますので、ご使用いただくことはございません。)
お申し込みいただきました方には配信後、2週間限定でアーカイブを配信いたします。
当日の配信をご覧いただけなかった方にも、お申し込みいただいた方全員に、アーカイブのご案内をさせていただきます。

参加費


1,000円(税込)
お申し込みいただきましたみなさまには、NANLITE購入時に特典がございます!
11月11日(木)17:30以降は、キャンセルの受け付けはできませんので、あらかじめご了承ください。

内容


・NANLITEのラインナップ紹介 ForzaシリーズとFSシリーズの違いとは
・それぞれのLEDを生かした使用方法とは
・LEDでのアクセサリー活用方法を正しく理解しよう
・PavoTubeってなに?チューブライトを使ってステップアップ!
・面光源を使ったライティングをマスターする
・カラー(RGB)ライティングの活用方法
・ビューティーライティングとハードライティングをLEDで実演
など
※内容は、状況により変更になる場合がございます。

講師プロフィール


鈴木 佑介

1979年神奈川県逗子市生まれ逗子在住。
日本大学芸術部映画科 演技コース卒業。
在学中に撮られる方(俳優)から興味がシフトし、映像制作の世界へ。 TV-CF制作の撮影スタジオ勤務を経て、2004年からフリーランスの映像作家として活動。
企画・演出・撮影・編集・カラーグレーディングまでワンストップで行い、
プロジェクトごとに必要なスペシャリストをスタッフィングして制作をするスタイル。
専門分野は「人を描くこと」。特に女性の撮影や美容系の撮影の評価が高い。 企業広告やイベント映像制作業を中心に
ソニー主催「αアカデミー for Professional」にて映像制作の講師やセミナー登壇のほか、
映像コンサルタントとしても活動。
また2016年よりWebマガジン「PRONEWS」、
2017年より玄光社「月刊ビデオサロン」など、各種メディアでの執筆・連載中。
Blackmagic Design 認定 DaVinci Resolve 17 トレーナー。

<注意事項>
・本セミナーの受講にあたっての推奨環境は「Zoom」に依存します。受講者の方のお手元のPCなどの設定や通信環境が受信の状況に大きく影響いたしますので、ご自分の環境が対応しているか、お申し込み前の確認をお勧めいたします。
・インターネット経由でのライブ中継ですので、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。また、状況によっては、講義を中断し、再接続して再開する場合がありますが、予めご了承ください。
・本セミナーはお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
・受講中の録音・撮影等は固く禁じます。

セミナーお申し込み


※外部ページにリンクします。お申し込みには、EventRegistでの会員登録が必要になりますので、ご注意ください。
※キャンセル、時間の変更に関しましてはこちらまでお問合せください
※当日キャンセルに関しましては、ご返金致しかねますのでご了承ください。